フィオナ・タン 「10 Madnesses」(Fiona Tan)

フィオナ・タン 「10 Madnesses」(Fiona Tan)

¥1,600

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。 配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • スマートレター

    一定数以上ご注文の場合は配送方法が異なります。

    全国一律 ¥180
  • 定形外郵便

    保障や追跡サービスがないことを予めご了承ください。

    全国一律 ¥510

※¥2,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「wako-art.jp」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「wako-art.jp」を許可するように設定してください。

通報する

2018年
11 x 18 cm
120 ページ(モノクロ)
執筆 : フィオナ・タン
デザイン : Roger Willems
協力 : Frith Street Gallery, Wako Works of Art, Ellipsis Foundation
発行 : Roma Publications
Artist Book
ISBN : 978-9-492-81115-8
英語
Written inEnglish


2017年にロサンゼルスのアーティストレジデンス「Getty Research Institute」で滞在制作した、タン本人の執筆によるリサーチエッセイ。本著では、ルーヴル美術館蔵の『メデューズ号の筏』で知られる19世紀ロマン派の画家、テオドール・ジェリコーが描いた連作『サルペトリエールの精神疾患者たち』についての探求が行われている。

この連作は10枚描かれたといわれているが、現存しているのは5点のみ。それぞれの肖像画に描かれているのは「窃盗狂の肖像」「賭博狂の女」「妬み偏執狂」「軍隊階級の妄想に憑かれた男」「狂人・誘拐者」の5名。うつ病を患ったジェリコーが、パリのサルペトリエール病院を訪れた際に出会った患者たちを描いたといわれているが、詳細はほとんどわかっていない。この病院は当時、パーキンソン病の解明に努め、フロイトに大きな影響を与えた人物として知られるマルタン・シャルコーが院長を勤めており、精神病研究の一大拠点であった。

これらはいったい誰なのか? どのように病んでいたのか? 失われた残りの5人の肖像画はどのような作品で、どこに消えてしまったのか? その空白に惹きつけられたフィオナ・タンが文献の調査や分析をもとに考察を深め、公的なアーカイブの研究と分析と個人的な探求とが交差する、美術史の境界を問うエッセイ。

ショップの評価