ミリアム・カーン「美しすぎることへの不安」テキストシリーズ07 (Miriam Cahn)

ミリアム・カーン「美しすぎることへの不安」テキストシリーズ07 (Miriam Cahn)

2019.09.07
18.9 x 11.7 cm
136頁 (カラー図版 41点)
デザイン:森大志郎
執筆: カトリーン・ビューラー、エリック・ド・シャセイ、パトリシア・ファルギエール、エリーザベト・レボヴィシー、ナターシャ・ペトレシン=バシュレーズ、マルタ・ヂェヴァニスカ
翻訳: 清水穣、大坂直史、和光環
撮影:今井智己(p.2-24)、谷川ヒロシ+植村タカシ(p.121-136)
印刷・製本:株式会社サンエムカラー
発行:ワコウ・ワークス・オブ・アート
ISBN: 978-4-902070-52-1
日本語
価格: 1,800円(税抜)

-

2019年から2020年にかけて、ヨーロッパ内3館を巡回している個展「I AS HUMAN(人としての私)」のカタログから4編を邦訳。カトリーン・ビューラー(ベルン美術館担当キュレーター)による、作家の50年にわたる活動を伝記的な視点から執筆した「宣戦布告」。エリック・ド・シャセイによる、カーンの作品に備わる抽象性と具象性の境界を「パフォーマンス」、「身体」や「距離、即時性、そして真実」といったテーマとともに考察した「美しい、無力さの記録」。2014年「Corporel(身体的な)」展の際に行われたミリアム・カーンへのインタビューの書き起しテキスト「私の作品にとって、その日その日が重要なのです」(インタビュワー: パトリシア・ファルギエール、エリーザベト・レボヴィシー、ナターシャ・ペトレシン=バシュレーズ) 。マルタ・ヂェヴァニスカ(ワルシャワ美術館主任研究員)による、カーンとオーストリアの詩人クリスティーネ・ラヴァントを引き合わせた強烈な評論「ある家(精神病院)の回想録」。

以上の4編に加えて、「美しすぎることへの不安」展 (会場:ワコウ・ワークス・オブ・アート)で展示された油彩19作品の図版と、あいちトリエンナーレ2019での展示風景と19作品の図版もカラーで収載。挟み込みとしてカーンが2012年に日本で初個展をした際に書き下ろしたテキストを同封。森大志郎デザインによる、テキストシリーズ第7弾。

¥ 1,980

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • スマートレター

    一定数以上ご注文の場合は配送方法が異なります。

    全国一律 180円

※2,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する

ショップの評価