竹岡雄二「もうひとつの台座考」テキストシリーズ06  (Yuji Takeoka)

竹岡雄二「もうひとつの台座考」テキストシリーズ06 (Yuji Takeoka)

¥1,782

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。 配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • スマートレター

    一定数以上ご注文の場合は配送方法が異なります。

    全国一律 ¥180
  • 定形外郵便

    保障や追跡サービスがないことを予めご了承ください。

    全国一律 ¥510

※¥2,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「wako-art.jp」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「wako-art.jp」を許可するように設定してください。

通報する

2016.07.09
18.9 × 11.6 cm
108頁 (カラー図版7点)
寄稿:遠山公一/イヴェット・ディーシヴ/竹岡雄二×梅津元×平野到/建畠晢
翻訳:清水穣
デザイン:森大志郎
口絵カラー写真:椎木静寧
発行:ワコウ・ワークス・オブ・アート
ISBN: 978-4-902070-47-7
日本語
Written in Japanese
税抜価格:1620円



国立国際美術館、埼玉県立近代美術館、遠山記念館で開催された、彫刻家・竹岡雄二の国内初の回顧展「台座から空間へ」を記念して、テキストシリーズの第6弾を、遠山邸内でのカラー展示風景を収録して刊行。台座の歴史的な役割と指定文化財・遠山邸における竹岡作品の在り方を論じた遠山公一によるテキスト「もうひとつの台座考」、竹岡作品に宿る詩性や彫刻という制度を論じた建畠晢によるテキスト「メタフィジックとポエジー」の書き下ろし2篇に加え、ゲルハルト・マルクスハウスの学芸員イヴェット・ディーシヴが論じる竹岡作品における言葉の役割の考察編「言葉と形式」を、多数の参照図版とともに収録。また、本著の為に行われた埼玉県立近代美術館の梅津元/平野到と作家との対話編では、作家自身の哲学的な思考に踏み込んでいる。80年代からドイツを基盤にし、一貫して現代アートにおける「呈示」の在り方を追求している竹岡雄二の世界を、多角的なテキストから考察する1冊。デザインは森大志郎。


この本には正誤表があります。画廊の公式HPで発表しております。

ショップの評価